ブログのアイコン画像 The Fundamentals

2022/12/28

【2023/04/08開催】 さあ 臨床研究を始めてみよう!~観察研究から RCT まで ~

日時:令和5年 4月8日(土曜日)14:00 ~ 19:30

主催: 一般社団法人 OrthoSupport (ZoomにてWEB開催)

講師:岡 敬之 先生(東京大学 22世紀医療センター 特任准教授)

講師:篠崎 智大 先生(東京理科大学 工学部情報工学科 講師)

総合司会:山田 浩司 先生( 中野島整形外科 院長、東京大学整形外科 非常勤講師)

Presenter: 公募中! (下記にお問い合わせください)

 

講師略歴

篠崎 智大 PhD, MPH 

東京理科大学 工学部情報工学科 講師。

東京大学医学部健康科学・看護学科(現・健康総合科学科)から同大学院医学系研究科公共健康医学専攻へ進学、2011年修了。2012年から2019年まで同研究科の健康科学・看護学専攻の助教を務める。
2019年4月より現職。専門は生物統計学と疫学理論。特に国内では「統計的因果推論」の数少ない専門家の一人として多数の講演を行い、国内外で多数の論文業績あり。

岡敬之 MD, PhD 

東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター特任准教授。

1995年東京大学整形外科入局、一般整形外科診療の研鑽を積み、2005年より東京大学医学部附属病院22世紀医療センターに勤務。臨床研究に従事し、厚生労働省で利用される運動器疾患の基礎疫学データを確立した。情報処理の国家資格を有し、独自にプログラミングした画像解析ソフトウエアは医療機器番号取得、臨床試験において全国の病院に導入された。多数の論文業績(英文原著論文174報:査読あり) と研究費の獲得歴を持つ。

山田 浩司 MD, PhD 

中野島整形外科 院長, 東京大学整形外科 非常勤講師

千葉大学医学部卒業、医学博士(東京大学整形外科)、OrthoSupport ExecutiveConsultant 整形外科感染症診療に関わる数々の研究を主導。骨・関節術後感染予防ガイドライン MRSA感染症の治療ガイドライン や Musculoskeletal infection society の国際コンセンサスなど、国内外で様々なガイドライン作成に関わる。

 

プログラム

 

講演① 講師:山田 浩司 先生

『 我々はこうやって 多施設前向き研究を始めた! 』
1 いきなり満点を狙うな! まずはできることからコツコツと!! 』
2 リサーチクエスチョン と チームビルディング
3 まずは 横断研究! 次にコホート。 RCT は研究の集大成である !!
(14:00 – 14:40)

講演② 講師:篠崎 智大 先生

『論文の読み方と 書き方 ~統計家の視点で~』
1研究デザイン
2 コホート研究 の Method と Result
3 RCT 研究の Method と Result
(14:50 – 16:50 )

 

講演③ 講師:山田 浩司 先生

『 RCT の実際 (NOCOTA study等) 』
(17 : 00 – 17 : 45 )

 

講演④ 講師:岡 敬之 先生

『 競争的研究資金の 獲得方法 』
(17 : 45 – 18 : 30 )

 

講演後 ”臨床研究相談室” 

Presenter: 公募中! (下記にお問い合わせください)
時間の許す限り ご相談に対応させていただきます!
(18 : 30 – 19 : 30)

 

※ お好きな飲み物、食べ物をご用意いただき、リラックスしてご参加ください

※ 事前登録者には、ハンドアウトを配布し、動画編集後 2週間 WEB聴講いただけます。
(なお、動画編集には、通常2週間程度かかります)

 

お申込み

お申込みは以下リンクより可能です。

お申込みフォームヘ

※ 定員:100名 先着順で受け付けております。お早めにお申し込みください。

Chat会員については下記リンクご参照ください。

Chat会員について

※受講料は、医師:8000円、コメディカル・研修医 5000円 、Chat会員:3000円 となります。

 

主催者よりご挨拶

95%の方に「満足、あるいは大変満足」とご好評いただきました「やさしい統計学セミナー」の続編です!
臨床研究を始めるために必要な、より実践的な内容を、我々の経験を踏まえ様々な実例をご紹介しながら丁寧に解説します!
“初学者にも分かりやすく”をモットーに、日本整形外科学会の教育研修講演や各種セミナーなどでもお馴染みの一流講師陣による講演です。整形外科領域の専門誌だけでなく、Clinical Infectious Diseases、JAMA open など IF10程度の英文誌に掲載された ノウハウを 日頃よりJBJS, BJJ, Pain and Therapy, Spine など一流誌 の査読を行っている講師陣が詳しく解説します。
講演後は 本セミナー講師陣による“臨床研究相談室” も開催します。
ご相談したい研究、アイデア等ございましたら、時間の許す限り対応させていただきます。是非、お問い合わせください。
皆様のご参加を 心よりお待ちしております。 一般社団法人 OrthoSupport

 

 

参加者の声 第1回 整形外科のためのやさしい統計学セミナー (2021/1/30開催)

薬剤師 Aさん

「整形外科のための やさしい統計学セミナー」は、授業で教わるような形式的な内容ではなく、学会発表や論文作成の際に使える統計、論文アクセプトにつながる統計を基本から教えてくれる。講義のなかでは、データの示し方や、査読者がどのようなところを注目してくるかなどのポイントもちりばめられている。なにより、ongoingでmajor articleへ多数の投稿を手掛ける講師陣のノウハウのつまった「生物統計」を聴けば、きっとあなたも大いなる刺激を受け、アカデミックなトレンドに乗れること間違いなしである。わたしも例に漏れないが、論文は書くけど、いつもmajor reviseばかりという方々、あるいは臨床家に多いと思われる自分で使える統計方法だけで研究内容を制限してしまっている方は、一度聴講してみると世界が変わること間違いなしである。わたしは、院内感染対策に関わる者として、整形外科医はもちろん、手術室スタッフ、術前術後のケアに関わる看護師、感染対策チームや抗菌薬適正使用チームなど、多くの医療従事者にOrtho supportのコンテンツをお勧めしたい。

 

整形外科医 Fさん

大変勉強になりました!私は、以前企画されたセミナーにも参加させていただきました。お陰様で、それまで苦手だった学会発表や論文作成に、より自信をもって臨めるようになりました!今回は、その復習も兼ねて参加させていただきました。日頃、質問や疑問があっても誰に聞いたら良いのか分からず困っていました。篠崎先生、岡先生の講義は大変分かりやすいだけでなく、日頃 私が疑問に思っていた内容がほぼ網羅され、目からうろこでした。とても洗練された内容で、質疑応答も重要なポイントが整理され、かゆいところに手が届き、あっという間に時間が過ぎてしまいました。このような素晴らしい会を企画いただき、心から感謝申し上げます。これから、臨床研究や学会発表などを頑張っていきたい方々にはうってつけのセミナーだと思います。同僚や後輩たちに推薦させていただきます!

整形外科医 Gさん

とてもお勧めです!初心者でも簡単に聞くことができました。また、参加させていただきます。

 

お問い合わせ

一般社団法人オルソサポート事務局
TEL 03-5980-7281
FAX 03-5980-7310
ebmortho2022@gmail.com (EBM-Ortho 事務局)
http://ortho-support.com/news/